混浴温泉で年上のお姉さんにいっぱい出させてもらう話 第2話 ネタバレ

更新日:

混浴温泉で年上のお姉さんにいっぱい出させてもらう話1

まずはコチラをチェック
混浴温泉で年上のお姉さんに
いっぱい出させてもらう話

 

第2話「もう分かるでしょ?ここにオチ○チン挿れてごらん」

「…エッチな気分になっちゃった?」

お姉さんに言われてオチ○チンを見ると太く固くなって勃っていた。

「…これは…」

自分の大きくなったオチ○チンを初めて見たケイタは驚いてしまう。

「おっぱい見て興奮しちゃった?」

ケイタの後ろから手を回してきたお姉さんはオチ○チンをシコシコと摩り始めた。

さらにお姉さんは、唇を重ねてきて再びオチ○チンを摩り始める。

「あァ…オチ○チンが変です…」

「大人のオチ○チンにしてあげる…」

そしてケイタは、お姉さんの手によって初めて射○を経験する。

この後、お姉さんはケイタの顔を舐めながら露店風呂に行こうと誘ってきた。

露店風呂とは言っても片隅の人が来ないような場所へ連れてこられたケイタ。

ここで何をしようとしているのかケイタは理解できなかった。

「もう分かるでしょ?エッチなこと…」

お姉さんはお尻の肉を両手で持ち上げて見せた。

「ここにオチ○チン挿れてごらん」

お尻を突き出して腰を振ってくる。

「…入れる?」

童貞のケイタは挿入の仕方がわからない。

戸惑っているケイタのオチ○チンを掴んでお姉さんは導いてくれた。

「おばさんの膣内…気持ち良い?…」

お姉さんの中のヌルヌルが気持ち良すぎる。

またさっきのが出そうになってきて…

「すごい量…出てる…❤」
 

 

-年上のお姉さん

Copyright© 混浴温泉で年上のお姉さんにいっぱい出させてもらう話@ネタバレと無料画像 , 2019 All Rights Reserved.