混浴温泉で年上のお姉さんにいっぱい出させてもらう話 第3話 ネタバレ

更新日:

混浴温泉で年上のお姉さんに<br />いっぱい出させてもらう話

まずはコチラをチェック
混浴温泉で年上のお姉さんに
いっぱい出させてもらう話

第3話「なあに?膣内に出したいの?もう…♪」

精○でお姉さんのお尻を汚してしまったとケイタは誤った。

「それより…オチ○チン綺麗にしてあげる…」

立っているケイタの前でしゃがみ込んだお姉さんは、オチ○チンを口に含むと上下に動かし始めた。

刺激の強さにケイタは思わず声が漏れる。

次は両手で持ったおっぱいでオチ○チンを挟んできた。

「え?おっぱいで?」

柔らかいおっぱいでオチ○チンをシゴかれる刺激はたまらない。

「あっ…あっ…ハァハァ…」

気持ち良すぎるおっぱいの刺激でケイタはまた射○する。

「あ…❤また汚れちゃった…」

行為の後、汗ばみ精○で汚れた身体を洗い流し合う。

裸の女の人と泡に塗れ、こうして一緒にいることが夢の中にいるように感じる。

お姉さんは大きなおっぱいを使って色々な事をしてくれた。

ケイタの背中におっぱいをあてながら滑らせるのはゾクゾクする。

「ケイタくん、また?…」

オチ○チンがまた大きくなっていた。

「また…おばさんとオマ○コする?」

オマ○コ…したいですぅ…」

お姉さんは両足を大きく広げてきた。

「オマ○コ…オマ○コ…」

興奮しているケイタは早く挿入したくて仕方ない。

「なあに?膣内に出したいの?」

「いいよ…いっぱい射○して…」

気持ち良くて射○した後は全身の力が抜けてしまう。

ー混浴ってすごい…ー

「あの…また会えますか?…」

 

 

-年上のお姉さん

Copyright© 混浴温泉で年上のお姉さんにいっぱい出させてもらう話@ネタバレと無料画像 , 2019 All Rights Reserved.